post_image
ジェシー
希少性 rarity_img エピック
階級 class_img 弓兵
サブ階級 sub_class_img 戦闘
統計
探検
攻撃 1776
防衛 2220
健康 17760
遠征
攻撃 140.1%
防衛 140.1%

ジェシー

物語

ジェシーと出会った誰もが、その前向きな性格に心動かされ、氷に閉ざされた時代のことを忘れることができた。そんな彼女は機械工としての才能も傑出している。

洗面ボウル用小型加熱装置、鉱山の自動ベルトコンベア、伐採用の蒸気チェーンソー…これらの発明は生産効率と生活の質を大いに向上させた。他にも様々な仕掛けを施し、子どもたちに大人気のおもちゃまで制作した。「世界の終わりが来ても、生きる意欲を失うことはない」と彼女はよく言っている。

そして、彼女の設計による武器は、住人たちに大きな安心感をもたらしたのだ。

「女性があれほど重い銃を振り回すとは…」セルゲイは思い出しながら語った。普段のジェシーは人当たりの良い印象を人に与えるが、戦闘に参加すると全くの別人に変わったという。街に強盗が侵入した際、彼女は怒号を上げながら銃をみだれ撃ち、それを見た強盗は尻尾を巻いて逃げ出したのだ。あの時の迫力は、仲間さえ震え上がらせるほどだった。

ジェシーの明るい性格は、時にはその裏にある哀しみをごまかすための振る舞いでもある。心の奥底に刻まれた、未だ受け入れられない悲惨な境遇が彼女を大きく変えた。どれほど否定しても、静まり返った夜になると、仄暗い記憶が浮かんでくるのだ。

かつてジェシーは、アカディアという都市で暮らしていた。そこはまさにユートピアであった。元エンジニアの領主は、厳しい寒さは人類共通の敵であり、人類をかつてないほど団結させると考えた。そしてアカディアの住民に科学技術を発展・改善させることに全力を尽くさせ、生活をより素晴らしいものにするため武器の所有も禁じた。

他の都市部から離れた土地だったこともあり、彼らは幸せな都市国家を建設したが、広がり続ける戦火からは逃れることが出来なかった…アカディアは成す術もなく崩壊し、ジェシーは呆然自失の流れ者となった。だが、彼女は「世界をより素晴らしくする」という理念を再び掲げ、今度は武力によって愛する全てを守ることにしたのだ。

欠片
星 | 階級 兵士レベル 1 兵士レベル 2 兵士レベル 3 兵士レベル 4 兵士レベル 5 兵士レベル 6 総計
1 1 2 2 2 2 20
5 5 5 5 5 15 40
15 15 15 15 15 40 115
40 40 40 40 40 100 300
100 100 100 100 100 100 600
ソース
  • 灯台情報
  • 英雄募集
スキル
機関銃掃射

ガトリング砲で掃射し、0.5秒毎に扇形範囲内の敵に攻撃*55%/60%/65%/70%/75%のダメージを与える。2秒持続。

防具改造

防具を改造し、防御力が25%/37.5%/50%/62.5%/70%上昇する。

武器改造

武器を改造し、攻撃力が8%/12%/16%/20%/24%上昇する。

完全武装

ジェシーが味方の武器を改良し、味方全部隊のダメージが5%/10%/15%/20%/25%上昇する。

メカニックバリア

ジェシーが味方の防具を改良し、味方全部隊の被ダメージが4%/8%/12%/16%/20%減少する。

Personaggio del gioco

グレッグからのヒント

Play the Game


Our socials:


Contributors


kxshxmxngx
Edited 3 times

You cannot copy content of this page